お歳暮 マナーについて

お歳暮とそのマナーについて

「お歳暮」という慣習は日本にしかありません。
もともとは、年の暮れ、年末を表す言葉でした。
年の暮れ、一年間お世話になった人に「日頃お世話になっているというお礼と新しい年もよろしくお願いします」という思いを込めて、贈り物を持参してまわる「歳暮まわり」という習慣ができました。
そして、その時の贈り物が「お歳暮」と呼ばれるようになったと言われています。
本来は、贈答品を持参して手渡すのがマナーとされています。
しかし、現在ではデパートやお店などから直接送ってもらうという形がほとんどとなっています。
また、昔は年越しに必要なお供え物を贈るということから餅や数の子、鮭、ぶりといった食料品が贈られていましたが、現在では様々な物が贈られるようになり、そういうこだわりもなくなってきました。
贈る時期に関しても、本来はお正月の準備をする12月13日から20日までに贈る物でしたが、現在では11月末位から贈られる方も多いようです。

Copyright(c) お歳暮 マナー All Rights Reserved.