お歳暮 マナーについて

お歳暮のマナーの範囲での贈り物。

見知った仲でお礼をするというのはなかなか難しいものです。
仕事上では金銭の取引は簡単に済ませられますが、顔見知りと金銭の取引をするのはまず不可能でしょう。
そんな日本人同士のやり取りに合っているのがお歳暮です。
これは年の暮れに贈るのでお歳暮といわれています。
送る内容に困ったときは商品券がお勧めです。
食べ物はどうしても個人の好みが合ったりアレルギーなどが存在しますが、商品券ならばそうした問題を全て解決できます。
金品を贈るのは深刻なマナー違反ですが、商品券はそれ以外には通用しないものなので、送るのにはとても都合がいい贈答品です。
商品券は根強い人気があり、何を送ればいいか困ったときに選ばれるもの一位の贈答品といわれています。
商品券の歴史は江戸時代にまでさかのぼり、そのころから贈答品として贈られてきていたそうです。
こうした歴史ある商品券を送るのはしっかりとマナーの範囲内のことであり、悪いことではないでしょう。
お歳暮のマナーを逸脱しないようにし、なおかつ失敗しないようにするには商品券がおすすめです。

Copyright(c) お歳暮 マナー All Rights Reserved.